アトトックラボ

2011年11月19日

Emacs で howm を使おう

Posted by Nobuyuki Sato

エディタネタばかり大量に抱えているサトウです。

さて、今回ご紹介するのは、先日 Vimwiki をご紹介したばかりですが、Vim から Emacs に乗り換えた僕が Emacs でメモを取るために使っている howm (Hitori Otegaru Wiki Modoki) です。

Vimwiki はその名の通り Vim 上で Wiki を実現していたのですが、howm はメモファイルを書き散らかして全文検索などで目的のメモを探す、と言った趣旨の Elisp ですね。ネット上の文献を検索するに、かなりメジャーなものなようでした。ただし Wiki Modoki と謳っている通り、Wiki っぽく使うこともできて、両刀で使うと余計に便利になるように感じています。

Vimwiki をメインで使っていた時は、ちょっとした・・・いつ見返すのかもわからないメモを取るのに、わざわざ新しいページを立ち上げたり、なんてことは腰が重くてできなかったのですが、howm を使い出してからこれが変わりました。最終的には全文検索で過去のアーカイブを振り返ることができること、必ずしも文書と文書の間にリンク構造がなくてもいいことなどから、ちょっとした思い付きを新規メモを立ち上げてちょこちょこと書くようになりました。文書の間にリンク構造がなくてもいい、って言うのは結構メモを書き散らかす上ではミソかもしれません。また、ネットにあった便利なコードやスニペットなんかも、ちょっとしたメモと一緒に保存しておいてやるようになりました :-)

インストール自体はパスの通ったところに *.el ファイルを置いてやるだけです。

そして、どこか忘れてしまいましたが、拾ってきたコードである以下のようなコードを Emacs の設定ファイルに記述します。

(require 'howm-mode)
(setq howm-menu-lang 'ja)
(global-set-key "\C-c,," 'howm-menu)
(mapc
 (lambda (f)
   (autoload f
	 "hown" "Hitori Otegaru Wiki Modoki" t))
 '(howm-menu howm-list-all howm-list-recent howm-list-grep howm-create- howm-keyword-tokill-ring))
(setq
 howm-excluded-file-regexp
 "/\\.#\\|[~#]$\\|0000\-00\-00\-000000\\.howm$\\|/CVS/\\|\\.doc$\\|\\.pdf$\\|\\.ppt$\\|\\.xls$")

global-set-key で "\C-c,," としてやっているので、C-c + , + , で howm のメニュー画面が開けます。

また、howm-excluded-file-regexp の正規表現で、howm の検索対象に含まないファイル名を設定してやっています。

この howm、今度別途紹介しようと思っている Elscreen や org-mode などと組み合わせて使うと更にまた便利さに加速がついていくのですが、そんなお話はまた時間のある時に、ということで。