アトトックラボ

2013年2月24日

SqaleでRuby on Rails のアプリケーションを動かしてみる

Posted by Yoichi Kurusaki

Sqale は、Ruby on Rails や Sinatra をはじめとする Rack アプリケーションに対応している クラウドホスティングサービスです。


http://sqale.jp

テスト用に簡単なアプリケーションを作成

  $ rails new test01 -T
  $ cd test01
  $ rails g scaffold note title:string body:text
  $ rake db:migrate

ローカルで正常に動作することを確認

  $ rails s

Sqaleのダッシュボードからアプリケーションを作成

20130224170000-1.png


20130224170000-2.png


20130224170000-3.png

ローカルにgitのリポジトリを作成しコミット

$ git init
$ git add .
$ git commit -m "first commit"

リモートリポジトリにSqaleのリポジトリを追加してpush

SqaleのリポジトリのURLを、アプリケーション詳細で確認しリモートに設定する。

$ git remote add sqale ssh://sqale@gateway.sqale.jp:2222/kuru/test01.git
Sqaleにプッシュ
$ git push sqale master

Gemfileの設定

Gemfileにmysql2を追加する。

group :production do
  gem 'mysql2'
end

データベースの設定

Sqaleのデータベース接続情報ページでMySQL 接続情報 をRails の database.yml 形式でコピーし
コピーしたテキストをdatabase.ymlにペーストし設定する。


Gemfileとdatabase.ymlをコミットしSqaleへpush

マイグレーションの実行

Sqaleのアプリケーション操作ページでrake db:migrateを実行する。

デプロイしたアプリケーションを動かしてみる

デプロイしたアプリケーションのURLは、Sqaleのアプリケーション詳細に表示される。
ブラウザでアクセスしてみて動いたのでOK!


問題無くサクッと動きました。
簡単!

SqaleはAWSの東京リージョンで稼働しているというのも良いですね。

今まで弊社ではRailsのアプリケーションは、Herokuで運用していましたが
プロジェクトに合わせてSqaleも選択肢として考えたいと思います。