アトトックニュース

2012年11月17日

軍艦島黙示録 vol.03 『1972 青春 軍艦島』外伝 リリース

軍艦島黙示録 vol.03 『1972 青春 軍艦島』外伝をリリースしました。
App Storeより無料でダウンロードできます。
リリース記念として12月1日までアドオンを450円で販売します。(通常価格800円)

App_Store_Badge.gif


■DVD『とっておきの軍艦島ガイド』 『軍艦島オデッセイ』、ビジュアル書籍『軍艦島 全景』等でおなじみの軍艦島伝道師オープロジェクトによるトーキング・ブック・シリーズ第三弾!

■『1972 青春 軍艦島』(新宿書房刊)の著者で写真家の大橋弘氏をゲストに迎え、知られざる組(下請け)の仕事と軍艦島での破天荒な思い出を、氏の写真とともに振り返る。
また、ギャラリーでは氏が37年後に訪れた時に撮影した廃墟軍艦島の姿を収録。

軍艦島とは:長崎県の南端の海上に浮かぶ、かつて炭鉱都市として栄えた端島炭鉱の通称。
明治初期から約100年に渡って最高級の石炭を産出し、日本の近代化を根底から支えた島は、全てのライフラインを外部に頼った裕福な生活と、国内初の建築や土木技術が集結した、早すぎた近未来都市だった。
1974(昭和49)年に炭鉱は閉山し、島は一瞬にして無人島に。
以来、廃墟として年月を積み重ねた島は、全盛期の記憶を封じ込めたタイムカプセルとして平成の世に甦った。

軍艦島を約10年にわたって、DVD、書籍、ウェブ、イベント、エキシビションなどあらゆるメディアを駆使して伝えて来た軍艦島伝道師オープロジェクトがお贈りする軍艦島の総合オーディオブック『軍艦島黙示録』シリーズ。

軍艦島の概要から知られざるエピソード、更には元島民や島を研究調査する人々との対談など、
あらゆる角度からアプローチし、軍艦島とは何か、そして軍艦島が未来へ残してくれるものに迫ります。

IMG_1301.PNG


著者:オープロジェクト
出演・写真:大橋弘
聞手・画像:オープロジェクト
音楽・デザイン:黒沢永紀[オープロジェクト]
録音:山内悟・前島慶太[株式会社エス・シー・アライアンス]
開発:株式会社アトトック
企画・制作: 山内悟[株式会社エス・シー・アライアンス]